[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

企業のサイバーリスクを分析診断するサービスを開始

AIG損害保険株式会社は11月8日、企業のサイバーリスクを分析診断するサービスを、12月を目途に開始すると発表した。
このサービスは、グローバル企業が既にアメリカのほか世界各国で活用していることから、この実績を踏まえて、日本でのサービス展開を行うこととしたもの。

同サービスでは、業種や規模とともにリスク特性に応じた質問項目に回答することで、各企業のリスクスコアやビジネスへの影響度と推奨する対策などを評価・分析し、この分析結果をグラフや表を多用したレポートとして受け取ることができる。
このレポートは、サイバーリスクへの対策を検討するための資料として活用できるほか、回答する各質問項目をチェックリストとして、自社のリスク対策状況を再確認できるとのこと。

スポンサーリンク

保険料見積もり時に同サービスによる診断も可能

また、分析時に使用するデータベースは、定期的に最新のリスク環境に合わせてアップデートされるため、同社のサイバー保険「CyberEdge」の契約企業は、契約更改時などに同サービスを利用することで、サイバーリスクへの対応状況の定期的な見直しにも活用できるとしている。
そして、サイバー保険を検討中の企業は、保険料見積もり時に同サービスによる診断を受けることもできるという。
なお同サービスは、サイバーリスクが世界規模で急速に広がっているものの、企業によってはリスクや起こりうる損失を客観的に判断できず、対処方法も分からない状況にあることから、各企業が直面する可能性のあるリスクを顕在化できるサービスとして、米AIGが開発したものとなる。
(画像はAIG損害保険株式会社HPより)

▼外部リンク
AIG損害保険株式会社 プレスリリース
https://www.aig.co.jp/sonpo/company/press201802/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)
 
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事