[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

世帯収入 収入所得に応じて求められる公的負担に差がつく仕組み

自治体から求められる公的負担の中には、収入に応じて負担額に差がつけられるものがあります

個人所得ごとに計算されることになりますが、同居している家族の所得が計算結果に影響することがあります

世帯収入 世帯所得 影響

収入がまったく同じであれば、それぞれに求められる公的負担も同じ金額になります

しかし、同居しているのと別居しているのとでは、求められる金額に差がつくことがあります

親と経済的に独立している子供であっても、親と同居している方は少なくありません

一般的な感覚で考えるのと、役所が考えた仕組みとは違っていることもあります

世帯収入を合計することで不利益になる事例 世帯合算の問題点

世帯収入を合計することで不利益になる事例

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


Source: 在宅介護のお金問題 できるだけ家計負担は少なくしたいものです

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事