[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

配偶者手当が見直されると50代夫の収入が減る!?

 2018年から配偶者控除が見直されました。それに伴って、配偶者手当を削減・廃止する企業が増えそうです。すると、50代夫の収入が減るかもしれません

配偶者手当にも103万円の壁がある

配偶者手当は、扶養家族がいる社員に、基本給以外に支給する家族手当の一種です。人事院の「平成28年職種別民間給与実態調査」を見ると、87%の会社が導入しています。

配偶者手当を導入している会社のうち、配偶者の年収に制限を設けている割合は85.4%。さらに、その上限額は、配偶者控除と連動させた「103万円」に設定している割合は65.9%です。つまり、ここにも「103万円の壁」があるということ。

国は、2017年度の税制改正に配偶者控除の見直しを盛り込みました。2018年から、対象となる配偶者の年収上限は103万円から150万円に引き上げられました(夫の年収制限あり)。

収入が減る分は働くなどで補てんを

こうした国の方針を受けて、すでに配偶者手当の削減、または廃止に動く会社が現れています。

ただ、配偶者手当の削減・廃止で浮いたお金は子どもの手当に回すそうなので、対象の子どもがいる家庭の夫は収入が少し減るくらいですみそうです。

では、50代の夫の年収は? 対象年齢の子どもがいれば収入は微減ですみますが、子どものいない家庭や子どもがすでに社会人になっている家庭は減ることになります。

といっても、減るのは配偶者手当分だけなので月1万7000円(中央労働委員会の平成27年賃金事情等総合調査=従業員1000人以上)くらいです。これくらいだったら、パートで働いている女性は時間を延ばせば補てんできそうですね。働いていない女性は、月1万7000円を節約するのは難しいかもしれないので、働いた方がいいでしょう。

国が配偶者控除を、会社が配偶者手当を見直すのは、女性の就労を後押しするためだからです。
(文:小川 千尋(マネーガイド))

フルーツジュース
400円。

5302円。

新品価格
¥3,218から
(2018/11/10 22:01時点)

★大人の科学マガジン 名作ふろく復刻シリーズ第1弾★

天の川が広がる満天の星を
部屋いっぱいに映し出すプラネタリウム! 

数万個の星の位置を、正確に再現して投影する家庭用プラネタリウムです。コンパクト、軽量なので好きな場所において、星座を探したり、天の川を鑑賞したりできます。投影角度が330°あり、地平線の下にある星まで映し出せるので、まるで星空につつまれているかのような感覚を味わえます。好きな場所、季節、時刻の星空を設定できる調節機能つき。操作はスイッチひとつで簡単。年齢を問わず使いやすい。付属のカラー冊子では、イラストで組み立て方を説明。慣れていない方でも60分ほどで完成します。

▼数万個の小さな星の集まりで天の川が映し出されます! 
恒星は肉眼では見えない7等星までを再現。天の川も小さな光の点で表現されていて、まるで降ってくるかのような満天の星を楽しめます。

▼好きな場所、好きな日、好きな時刻の星空を映せます! 
自分の住んでいる地域の緯度に設定して、日時を合わせると、見たい日、見たい時刻の星空を投影できます(日本地域のみ)。

▼地平線の下まで投影できる正12面体の恒星球! 
正12面体の恒星球は、1つ1つの面が12分割された天体に対応しています。底面以外はすべて光をとおすので、地平線より下の星まで映し出します。

▼星をひとつひとつ表現するピンホール式! 
中心の光源から放射された光が、恒星原板に開いた、星に相当する穴(本キットでは透明部分)から外に抜け、壁や天井に直接投影されるピンホール式です。穴の大きさによって、星の明るさを表現しています。

▼プラネタリウム・クリエーター 大平貴之さん監修! 
世界でもっとも先進的なプラネタリウム「MEGASTAR」を開発した大平貴之さんがキットを監修。恒星原板には、大平さんによる恒星データがプロットされ、天の川や星座が正確に再現されています。

※単二形アルカリ乾電池を2本使用します(別売)。 5月5日の結果。
5,702円
5月の合計  
11,392円
4月の合計  4月+過去合計 660,843円。
261,317円

3月の合計  2月+3月合計 399,526円。
214,432円
2月の合計
185,094円。

総合計672,235円

 

新品価格
¥4,310から
(2014/5/5 17:23時点)


Source: 今日から実践!ストレスフリーな美しい節約の極意3つ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事