世帯収入 収入所得に応じて求められる公的負担に差がつく仕組み

収入の少ない人には、負担が重くなり過ぎないような負担軽減の仕組みが用意されています

その人の事情、生活状況などによって、対象となるかどうかは変わってきますが、収入だけでなく、病気や障害など、生活に支障をきたしている方なども対象となることがあります

金銭的負担の軽減 生活支援

消費税など、収入の多い少ないに関係なく、一律に求められる負担は、収入の少ない人に負担が大きいと言われます

公共料金なども、収入に関係なく、一律の料金設定されているものがほとんどです

しかし、制度の中には、収入の少ない人に配慮された仕組みが用意されていることがあります

仕組みはあっても、それを知らないと、負担軽減を受けることができないので、どんな軽減措置があるのか、確認しておく必要がありそうです

高齢者のいる世帯の金銭的負担を軽減する制度があります

家計を助ける生活支援 高齢者のいる世帯の負担を軽減する制度

住民税非課税基準の確認 世帯分離問題対策


Source: 在宅介護のお金問題 できるだけ家計負担は少なくしたいものです

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事