[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

保険の請求漏れによる悲しみを無くす

「保険簿」サービスを提供する株式会社IBは、6月18日深夜に発生した新潟県・山形県沖の地震で被災した人たちを見舞い、「保険簿LINE@」で保険請求の相談に応じると発表した。

同社は「保険の請求漏れによる悲しみを無くす」をミッションとしている。
同社代表の井藤氏は、東日本大震災でのボランティアの際に、「様々な保険に加入していても、請求できていないケースが多い」ということに気づいたという。保険金が請求できる可能性に気づいていない、という人が多いのだ。

スポンサーリンク

保険金は自ら請求しないと支払われない

保険は分かりにくく、すべて確実に請求するのは難しいが、自ら請求しないと保険金は支払われない。
そこで同社は、今回の地震被災者たちに対し何かできることをと考えた結果、期間限定で保険請求の相談に応じることにしたという。「加入している保険のうち、どの保険を請求すればいいのかわからない」「他にも請求できる保険があるのではないか」などの質問に対し、できるだけ対応するとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
株式会社IB プレスリリース
https://prtimes.jp/main/000000005.000039233.html
保険簿LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40rqq5522e
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事