[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談Part357

http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1527769274/

177: 2018/06/02(土) 17:38:49.24 ID:s4bS176L
夕方のそこそこ混んでる電車で、子供3人連れの家族が乗ってきた。

ウロウロして落ち着きのない子供らだなあと思ってみていたら、
一番小さい4歳くらいの子がペットボトルのミルクティーを盛大にぶちまけて、床はミルクティー浸しに。
傍にいた父親は小声で子供に注意するだけ。母親は他人のふりで子供の方を見やしない。
電車の揺れによってミルクティーの池がどんどん広がっていくので、みんな避けるのに必死。

すると、5人くらいの女子高生がティッシュを取り出して床を拭き始めた。
子供の親への当てつけも感じさせず、ごく自然な動作で、汚れてるからきれいにするのが当然とでもいうように。
電車の床なんて汚くて触りたくないはずなのに、手が汚れるのも構わず、
ミルクティーでびっしょびしょのティッシュを手にしながら、きれいにふき取っていく。
父親はこぼした子供を小突きながら「ありがとう、と言いなさい」と小声で言うだけで、女子高生達に直接お礼を言いさえしない。
しまいには小突かれた子供がギャン泣きしだした。
結局、女子高生達にはこぼした子の兄(6歳くらい?)がふざけて「ありーがとーござーいました-」と言っただけ。
母親は始終他人のふり(あまりのスルーぶりに本当に他人か?と思ったけど、
降車の時に子供に近づいて行ったから母親で間違いない)。

子連れ家族の非常識さ、お礼の言えなさに愕然としつつ、女子高生の心のキレイさに感動した。
三十路の私は、汚いなあ~ちゃんと躾けろよと思ってるだけで、床を拭くなんて発想がなかった。
自分が汚したわけではなくても、汚れているからキレイする、って当たり前の発想が出てこなかった自分が悲しい。

続きを読む

Source: かぞくちゃんねる

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事