[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

タイトルには気を遣います。本当は息子とのことを書こうとしていますが、
タイトルにそのまま入れると、検索なんかでヒットしたら困るし。その
くらい、どんな人が読んでいるのか意識して…だけど本音も書きたいと
いう矛盾した気持ちで書いています。


http://adm.shinobi.jp/s/93edebf4ced141b3fc7b8343571ddb43

土曜日は夫はいなかったのですが、息子は家にいて、なんだかいつもの
二人暮らしみたいな感じで楽しく過ごしていたのですが、寝る少し前に
めずらしく息子とケンカになってしまいました。

息子とは普段は仲良しなので、ケンカはめったにしません。なので、
一度ケンカしてしまうと何日も口を利かなかったこともあり、時間だけ
が頼りで、さすがに2週間後も口を利かないということはありません。
どこかで口を利いて仲直りすると思います。

昨夜のことを振り返ってみても、私は自分の言ったことは後悔して
いません。

キッチンにエアロバイク(自転車を漕ぐもの)があるのですが、遅い
時間に息子が突然それに乗って漕ぎ始めたので、私は注意しました。
そもそも息子がそんなことするなんて、めずらしいです。

「5分だけしたらやめる」

と息子は言います。

「時間が遅いから(22時半でした)いますぐやめて」

と言いました。

「静かに漕いでいるから、下の階には聞こえていないはず」

と反論してきます。

「下に聞こえているか、いないかは私にもわからないけれど、
可能性が少しでもあるなら、わざわざこんな時間にやめて」

と言うと、

「俺と下の階の人と、どっちが大事? 」

とか言ってきます。もうわけがわからなくなりました。どっちが大事っ
て家族に決まっています。だからこそ、下の階の人とまたもめて引っ越
さないといけなくなると困るから言っているのです。

以前も書きましたが、ウチの下の階の人は、以前、激しく苦情を言って
きています。時には、ウチの音でもないことでもいいがかりをつけられ
ました。気を付けても気を付けても足りないくらいなのに、わざわざ
こちらから、もめごとになるようなことをしたくありません。

何度か言い合いになりながらも、最後は、

「とにかく降りなさい」

と私は命令口調で強く言いました。めったに上から言わない私ですが、
久し振りに親が子どもに厳しく言う口調で注意しました。

息子はエアロバイクから降り、そして私とはしばらく口を利かないと
いう感じになりました。

友達親子みたいな感じで、時には息子が私に

「こうだよ」

と教えたりしている感じなのが、突然、私が親だったということを思い
出したのではないかと思います。

気が付いたら息子も25歳です。こんな中学生の子に注意するみたいな
やりとりをいまさらしたくないと思いました。また、息子はそういう
社会のルールみたいなことでは心配ないと信じていたのに、こんなこと
をするんだということにもガッカリしたし、息子への信頼が少し小さく
なった気がします。

だけど、もう大学を卒業してとうとう就職もして、問題はまだ家にいる
ことではないかと思いました。

本当は息子にはずっと家にいて欲しいと思っていたのですが、そろそろ
独立した方がいいんだろうなと実感しました。

夫は早く家を出た方がいいと言い、いろいろ手を尽くしているのですが、
(家に入れる生活費を毎年1万円ずつ値上げして、息子本人が家を出たいと
思うように仕向けるとか言っていました)私が家を居心地良くし過ぎて
いたので、それが問題だったのかもしれません。

最近、息子は正社員になって社会の厳しさにもふれて、お給料も上がっ
て自分は少し偉くなった気になっているのかもしれません。電話で友人
と話している会話が耳に入ったのですが「なんか偉そうな話し方するな」
と気になっていました。

一人暮らしをして、色々苦労もして、いままで全部お母さんがしてくれて
たことを自分がやると大変なんだということも実感して欲しいです。

私が献身的にフォローしていたことは息子のためになってなかったのかと
気付きました。たとえば息子のワイシャツのクリーニングを私が代わりに
出しに行くこととか。

激務なので助けてあげていたのですが、やっぱり甘かったのかと。

急に突き放すつもりはないのですが、25歳の社会人の息子の成長段階
にふさわしい苦労をさせた方がいい気がしました。

いま、実家でラクをして成り立っている暮らしが当たり前と思っている
ので、それは違うんだと言うことに気付いて欲しいです。

急には可愛そうと思っていました。まだ、入社して半年。入社した会社
は本当に大変そうです。残業も多いです。なので、生活面は少し落ち
着いてからと思っていました。本人も1年以内に一人暮らしをしようと
思っているようなので、独り立ちする息子を見守って行こうと思います。

そして私は、そろそろ自分のことも考えないといけない時期なんだろう
なぁと思います。息子は20代の社会人として、できないこともあって
苦労もすると思うけど、私はいまは大人として息子よりしっかりして
いたとしても、徐々衰えていくことを気にしないといけない年齢に
なりました。

息子が離れて行ったら、ラクになると同時に頼ることも出来なくなるので、
体調に気を付けて暮らしていこうと思います。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

Source: 週3日パートと在宅ワークの日々

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事