[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
自然災害の多発を背景に

東京海上日動火災保険株式会社は6月11日、ドローンとAIを活用した保険金支払いを開始することを発表した。
これは近年多発する自然災害やその大規模化に伴い、個人の住宅や家屋にとどまらず企業所有の工場や倉庫にも大きな被害が発生していることを背景に実施されるものである。
工場や倉庫は個人宅に比べて屋根や屋上の被害を確認する際に担当者の危険を伴う事例が多く、また規模が大きければ大きいほど査定担当者が調査を完了するまでに多くの時間を要しているのが現状である。
そのため同社ではドローンのようなテクノロジーを活用し、正確かつ迅速に損害調査および修理費の算出を行うことで顧客にいち早く保険金を支払う取り組みを模索し、開始するに至った。

作業の効率化を見込んで

東京海上日動火災保険株式会社が開始するドローンの取り組みは、イスラエルのAirobotics社と連携して行われる。
Airobotics社はドローンによる空撮技術や画像のAI解析に強く、Airobotics 社が所有するドローンで撮影した複数の画像をつなぎ合わせて人工知能(AI)に解析させることにより、正確に損害箇所や損害状況が把握できる画像データを作成するとのこと。
これにより通常1か月は要していた鑑定人による調査に比べ大幅に時間を短縮し、作業の効率化をすすめることができる。
同社ではこの取り組みをまず企業が所有・管理する工場や倉庫等で発生した損害に対して実施していき、今後個人の住宅・家屋などの被害に対しても応用できるかを検討していきたいと意欲的である。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社ニュースリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事