[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
百年の恋も冷めた瞬間!195年目
http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1489562785/

37: おさかなくわえた名無しさん 2017/05/14(日) 06:38:56.93 ID:iOCwWdYP
大学生の時に付き合ってた同学年の彼に冷めた話。
大学の近くの学生向けの店で食事する事が多かったんだけど、
毎回量が多いのがウリの店に行って、彼が私の食べ切れない分を食べてくれてた。
私の食べられる量は特に少なくもなく多くもなく、一般的な1人前なら食べ切れる程度。
彼氏は1.5人前ぐらいは食べられる人だったので、量が多い学生向けの店だと
二人で行ってちょうど良かった。毎回私は残さなくてすんで助かってたし、
彼も一人で行くよりお腹いっぱい食べられて満足だわーと言ってた。

ある時ちょっと良いところ(といっても普通のカフェ)で食事をとることにして、
それぞれ一人前ずつ注文し、料理が運ばれてきた。半分ぐらい食べたところで
ふと目を上げると、彼氏がものすごくキラキラ輝いた目で、鼻の下を伸ばして、
私の皿を見ていた。
彼からすれば今までと同じように、私が助かると思ってしただけだったんだろうけど、
私は全部食べきる気でいたから彼をものすごく卑しく感じてしまって冷めた。
料理はあげた。


続きを読む

Source: かぞくちゃんねる

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事