[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

「MaaS×保険」で協業取組を開始することで合意

三井住友海上火災保険株式会社と小田急電鉄株式会社は5月15日、MaaS(Mobility as a Service)と保険を組み合わせた新たな仕組みの「MaaS×保険」(MaaSかける保険)について、協業取組を開始することで合意したと発表した。
その最初に、小田急電鉄が開発するMaaSアプリ実証実験(2019年末までに実施予定)に対し、三井住友海上がMaaS向けの保険を提供する。
「MaaS×保険」の実現で両社は、MaaSを利用する顧客に自由で快適な移動とともに、日常生活や観光シーンにて万一の場合の安心・安全を提供することで、事業者の安定的で積極的な事業運営を可能にし、地域と社会の持続的な発展に貢献していくとしている。

三井住友海上は、MaaS等のモビリティ革命に対応する体制強化を目的に、モビリティサービスの最新技術やビジネスの変革に関する情報収集とその動向分析を行い、2019年1月に新たなビジネスモデルや保険商品・サービスの企画・提案を行う専門部署を新設している。
また小田急電鉄は、同社グループが保有する多様な交通サービスや生活サービスを、パートナーと連携しながらシームレスに連動させ、1つのサービスとして利用者に提供するMaaSの実現を目指している。

スポンサーリンク

「MaaS×保険」の実現で利用者へ安心・安全を提供

両社は、MaaSと保険商品・サービスの組み合わせについて検討を重ね、「MaaS×保険」の実現で利用者へ安心・安全を提供、MaaSの付加価値向上を図ることができるとの認識で一致したという。
そこで、連携・協力を行う対象として、三井住友海上がMaaSアプリおよびMaaS関連商品・サービスと連携して保険を開発するほか、小田急電鉄は自社等が提供する公共交通サービスやMaaSアプリに関する情報提供を通じ、三井住友海上の保険開発を支援することとした。
また、小田急電鉄は、MaaSアプリの設計・開発・運用を行うほか、三井住友海上は、保険の案内と申込の方法および提供条件等に関する情報提供を通じ、MaaSアプリの設計・開発・運用を支援するとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社 プレスリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2019/pdf/0515_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)
 
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事