[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
スポンサーリンク

ソニー損保の自動車保険保有契約件数が200万件突破

ソニー損害保険株式会社は5月10日、同社の主力商品である自動車保険の保有契約件数が、2019年3月末時点で200万件を超えたと発表した。
同社は、1999年9月の営業開始時から、保険料を「走る分だけ」とするリスク細分型自動車保険のダイレクト販売を展開、今年9月で営業開始20周年の節目を迎える。
営業開始以来、高品質なサービス提供や顧客価値の最大化に取組むことで多くの顧客から支持を受け、自動車保険の保有契約件数を順調に増やしてきたとともに、売上(元受正味保険料)でも、2002年度以降16年連続でダイレクト自動車保険No.1のポジションを保っている。

なお、この売上やシェアに関する数値は、2017年度までの各社の発表資料から、同社が調査したものという。
自動車保険市場におけるダイレクト保険会社のシェアは、着実に拡大を続けてきており、今後も顧客の低価格志向や、利便性の高い契約手続へのニーズが強まると予想されることから、ダイレクト保険会社のシェアはさらに拡大していくと見込む。
また同社は、ダイレクト自動車保険のリーディングカンパニーとして、顧客の利便性や商品・サービス品質の一層の向上を図るべく、種々の取組みを「業界初」で開始している。

スポンサーリンク

スマホ向けサービス「写真でカンタン見積り」開始

主なものには、インターネットでの申込受付(1999年9月)、車を降りた後のケガや身の回り品の損害を補償する「おりても特約」の販売開始(2000年7月)、継続割引導入(2001年5月以降始期~)、事故時・故障時をサポートするスマートフォン向け無料アプリの提供開始(2011年4月)などがある。
さらに直近では、保険証券の写真で素早く保険料見積りができるスマホ向けサービス「写真でカンタン見積り」の提供を開始(2019年2月)している。
同社は引続き、テクノロジーの進化や社会の変化に合わせた、より顧客が満足する商品やサービスの提供を通して、顧客価値の最大化を図るとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
ソニー損害保険株式会社 プレスリリース
https://from.sonysonpo.co.jp/topics/news/2019/05/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)
 
Source: ニュース - 保険市場TIMES

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事