[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

こんにちは。

今日は母の日ですね。

春

実家の母が毎年庭に咲かせていた花。(数年前のものです)

春

40代後半の私たちの親は

もう70代後半だと言う方がほとんどかと

想像しています。

私の母も今年で74歳。

えええ?!もうそんな年なの?と

考えると自分が年を重ねる事よりも

何倍も胸にギュっとくる。

母がこうして

(子供の頃母が良く作ってくれた「うさぎサンドイッチ」を40代になった私が再現)

子供の頃は親が死ぬことを想像すると

もう「この世が終わり」ぐらいな

感覚になって悲しくて仕方がなかった。

お父さん、お母さん、と言って布団の中で

泣いたこともあったよね。

でも、その当時の親は今の私の年齢よりも

ずっとずっと若くて年下だったんだよね。

母の愛

(母は器用です。どうやら娘にはそのDNAは組み込まれていないようですが)

お父さんとお母さんがこの世からいなく

なることに恐怖と不安を抱えていたのに

若く幼い私は親に感謝する気持ちよりも

「親がいてくれてあたりまえ」

「お母さんが家事をするのはあたりまえ」

そんな風にも捉えていました。

私の母は、私が思い描くような

「良いお母さん」ではなく

昭和の時代にはちょっと珍しい部類でした。

ちなみに私が子供の頃思い描いていた

理想のお母さんは、

子供が学校から帰ってくるといつも笑顔

で「お帰り~」と迎えてくれて。

まいにち手作りのおやつを作って

待っていてくれる。

オシャレで清楚で白いレ-スのフリフリ

エプロンがめちゃくちゃ似合う!

そんなお母さん。

そんなお母さんを私は大人になっても

ずっと求め続けていました。だから

そうでない母を私は私の力で。

できるだけ自分の理想の母になるように

変えようとしていたのだと知ったのは

40代になってからでした。

そうです、自分の人生をもっとしあわせな

ものにしたい!そのためには

自分の人生のハンドルは自分で握る!

と知ってから、です。

時間はかかりましたが、私の中の母に

対する思いが穏やかな気もちになって

きたのはたくさんの本、そして関わって

くれたたくさんの方のお蔭です。

ありがとうございます。

そしてお母さん。

20代のお母さんは二間の貸家で

私と兄の子育てに必死で自分の時間など

殆どなかったでしょうね。

BlogPaint

(三歳まで過ごした貸家。今は取り壊されてもうなかった)

そんなあなたの唯一の楽しみは

近所のデパ-トでのランチだったと

知ったのは大人になってから。

私はそのレストランの雰囲気や

ホットケ-キの匂いを今も覚えています。

パンケ-キじゃなくてホットケ-キ♡

思い出をありがとう。

30代~40代も子育てパートと家事と

そして自分の時間と・・・・・

50代から60代は一段落かと思えばまだまだ

人生の課題はやってきて、色々とお疲れ様

でした。

そして70代。私から見ると今の母はとても

幸せそうに見えるよ。母にいうと

そんなことないって言うけどね。でも、

私はやっぱり幸せそうに見える。

それはきっと私が母といて幸せだなあと

思う瞬間が増えたから。もちろんいまだ

イライラすることだってあります。

(^o^)

でもそんな人間らしい感情を味わえるのも

お母さんがいてくれるからなんだよね。

私は今も親に甘えています。

お母さん、甘えさせてくれて本当にありがとう!

これからも宜しくね。

とにかく私の一番の親孝行は、

親があちらの世界に戻る日を見送ること。

親よりも長生きすること♪です。

\(^o^)/

今日は日曜日ですね、素敵な一日を

お過ごしください。


Source: 習慣が私を変える!~まいにちの小さな積み重ね~

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事