[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]
こんばんは!

更新が遅くなりました。

でもどうしても今日中にこの記事は

アップしたく、急いで書いていますので

いつも以上に誤字脱字ありましたら

失礼いたします。

本日は、お子さんのお金の教育について。

youさんから秋山さんへご回答をいただきました。

子供の日にふさわしい記事だと思いました

ので、今日中にどうしても~アップしたかった!

<youさんのご質問>

現在小学校低学年の子育て中です。

子どもには自分のように

辛い思いはさせたくありません。

子ども時代の辛い思いもそうですが、

大人になってからのひがみ妬み、

お金がないない・・等の
必要以上の

お金についての不安、辛さを

味わうことなく成長していって欲しいです。

ですが何でも買い与えて満たしてあげる

ことが正解だとは思えません。

どのようなお金の教育、声掛けをしていけば

、素直に人の幸運を喜び、

ひがみ妬みのない大人に成長して

いってくれるのか。
秋山先生の意見を

お聞きしてみたいです。
よろしくお願いします。

長文失礼しました。
ららさん、コメントの機会を

与えていただき感謝します。
ありがとうございます☆

<秋山さんからのご回答>

YOUさん

ご質問ありがとうございます。

私には現在高校2年生の娘がいます。

彼女は小説家を目指していて、出版社のコンクールなどに応募しています。

先日は角川書店主催のコンクールで最終選考まで残り、夢の実現のカケラが見え始めているところです。

彼女は、夢と自分の価値観をベースに物事の判断をできるようになってきていますが、

実は、私もお金についての教育は試行錯誤でした。

また、いまでもお金の教育は継続中です。

同じ親として私がお伝えしたいことは3つです。

この3つは、私自身が試行錯誤の中で娘にしてきたことでもあります。

①お子さんと一緒にお金のルールをつくる。

②お金は、「ありがとう」の循環ということを伝える。

③お子さんの興味を最優先して、人生を生きていくための強みを持たせてあげる。

私がお金の教育を始めたのは、彼女が4歳の時でした。

近所のショッピングモールに彼女と一緒に行った時です。

彼女はガチャガチャをやりたいと言いだし、結局同じガチャガチャを飽きるまで20回くらいしました。

私は、このままでは「彼女は欲しい物が無限に手に入ると思ってしまう」と感じ、彼女と話しルールを決めました。

「外出する際に欲しいものがあったら買うけど、買うのは1つだけ」というルールです。

この時、彼女は「何で1つなの」と聞いてきました。

私は、「家にはお金はあるけど限りもあるからだよ、だから本当に欲しい物を1つだけ買うんだよ」

と彼女に伝えました。小さい彼女は、欲しい物は買ってもらえるという条件があったせいか納得していました。

とてもシンプルなルールですが、このルールは良かったと思っています。

お金は有限ということも教えられましたし、何も買えない状態を回避することで彼女の好奇心も守れたし、

彼女自身が欲しい物の優先順位をつけられるようになったからです。

彼女が小学校に入学した後は、友達と遊ぶことも増えてきて、

私のいないところでもお金を使うシーンが増えてきたので、小遣いを与えるようになりました。

ここでもルールを決めました。

「お金は毎月渡すし自由に使っていいけど、この中から自分が欲しいものをやりくりする」というルールです。

彼女も優先順位をつけられるようになってきていたので、やりくりができました。

小学校の3年生だっとと記憶していますが、彼女はもっとお金が欲しいと言ってきました。

この時も彼女と相談して、家事の仕事を細分化して、お小遣い以外に必要なお金を「稼げる」という仕組み作りました。

お風呂掃除は50円、食器の洗いものは30円、洗濯物を畳んだら30円みたいな感じです。

お金を渡す際には、必ず彼女の仕事ぶりと感謝を伝えてからお金を渡していました。

「お風呂場がすごく綺麗になった。頑張ったね。ありがとう」みたいな感じです。

他人に感謝されるようなことをするとお金がもらえるようになる、ということを教えていたのです。

同時に、彼女はお金をもらった時に嬉しくて「ありがとう」と言っていましたが、

その気持ちはとても大切だということも教えました。

「欲しい物や必要な物が買えるお金がもらえると嬉しいよね、

嬉しい時はありがとうって伝えるのが大切だよ」みたいな感じです。

いまの娘は、何を買うにしても必ず店員さんに頭を下げて「ありがとうございます」と言うようになっています。

「嬉しい時に感謝を伝える」という習慣が身についているからです。

お金をもらった時だけでなく、物を買った時も感謝の気持ちを伝えることで、

物を大切にするようにもなっています。

いまでは、夏休みなどで追加でお小遣いをあげると言っても

「いまはお金があるからいらない」と言うようになっています。

物を大切にするようになったので、必要なもの以上の物は不要、

必要以上のお金は不要ということが身についてきています。

結果的になりますが、

「お金は有限なので、欲しい物を見極めること」

「お金は人に感謝されることをするともらえるということ」

「物の大切さ」を教えることができました。

ただ、試行錯誤の中でも1つだけ意識的にしてきたこともあります。

それは、将来彼女が幸せな人生を歩んでくれるために強みを持たせてあげることでした。

私から見た彼女の強みは、「物事の本質を見る力」です。

この力は、彼女が小説に興味を持ち、たくさんの本を読み、賢人の思考に触れ、

世の中を観察し自ら考え、たくさんの本を書いてきたことによって形成されてきている力だと感じています。

彼女が小説家にならないとしても、この力は幸せに生きていくうえで強みになると感じています。

人間関係においても、自分にとって大切なものを見極めるうえでも、強みになるのだと思います。

彼女が夢を見つけたのは、興味のあることを続けてきた結果です。

0歳からのCMタレント、3歳からの英語、5歳からのピアノ、7歳からの水泳、

さまざまなことに興味を持ち、挫折もして、「興味があること」と「できること」が合致してきている

小説家に夢を見るようになったのだと思います。

今後、彼女がどういった大人になるのかわかりませんが、

私も彼女にはお金の不安が尽きない人生を歩んで欲しくありませんし、

他人と比較しすぎる人生を歩んでもらいたくもありません。

人との比較は、能力、行動、結果(地位、資産など)に目を向ける人が行うという理論もあります。

生きる武器を持たせてあげるということは、こうしたこと以上に大切な使命や価値観を持たせてあげるということでもあります。

そのために親としてできることは、興味のあることをやらせてあげる、それをできることに変換するために応援することだと思っています。

この部分だけはずっと意識して彼女と接してきました。

今後は、投資について教えていきたいと思っているのですが、

いまのところ彼女は投資に興味を持っていません。

小説家で生計を立てていくのはかなり厳しいことなので、

投資にも興味を持って欲しいのですが、なかなか難しいものです。

こちらについては、また機会があればお話します。

あくまで私が実践してきたことになりますが、

YOUさんの参考になれば幸いです。

子どもの幸せを願う同じ親として、頑張りましょう。

あきやま

・・・こどもがいない私にも大変心に響く、

貴重な内容だと感動しました。

たくさんの方に読んでいただきたい!

YOUさん、ご質問ほんとうにありがとうございました。

そして、秋山さん。

ありがとうございます。

とにかく、たくさんの皆さんに読んで欲しくて、

記事をアップいたします。

また、後日手直しさせてください~。

そして、もしこの情報が必要だと思う方が近くに

いましたら、どうぞ教えて差し上げてくださいね。


Source: 習慣が私を変える!~まいにちの小さな積み重ね~

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事