[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

ども
ども
ギラです。

平成という時代が 強引に 強制終了

令和という時代が 卑怯な形で 幕を開けた。

これによって
新しく 上皇・上皇后となりせしめた あきみち と
新しく 下皇・下皇后となりせしめた なるまさ

これについて ギラは あまり語りたくない。
何故なら、語れば、口から出てくるのは

」しかないと自分でも解っているから。

あまにも 疑惑 や 不正 が香る。

人を判断する時は外見や噂で判断してはならない。
長期的に見て、その人がしてきた
行動や発言によって冷静に評価すべきだと思う。

その前提に立って判断するに
はっきり言って これらの方々に対して

信用も、信頼も、尊敬も 出来ない。
それどころか 疑念が山ほど有る。

だから 気持ち悪い。

しかし 私達日本国民は
この新しく 下皇・下皇后となった なるまさ を
ありがたく 担ぐしか無い。

嘘付きだと解っているのに
この嘘付き糞野郎!と言えない 
気持ち悪さとでも言いましょうか。

だから 解っている人は 皇室を見る目が
ますます 冷めた 死んだ魚の目になっていく。

ギラはテレビは基本的に見ないから
良く解らないけれど、どの放送局も
平成の天皇・皇后を美化し持ち上げ そして
令和の新天皇・皇后を美化し持ち上げているらしい。
うんざりな茶番だと思う。

この寒々しい どっちらけの
新元号、令和への お祭り騒ぎを
悲しみと絶望に包まれつつ

日本民族と日本の神々の底力に 
一縷の期待と希望をつなぎながら
日本の再興と誇りを取り戻せる時代になって欲しいと
淡い期待と 厳しい現実を受け止めつつ
前を向いて進むしかない

そう思っております。

すめらぎいやさか
すめらみこといやさか

というわけで
またぬん
ギラ
Source: ギラの日本を護りたい!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事