[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

こんにちは!ゴールデンウイーク

始まりましたね。10連休の方も

多いのかな?昭和から平成。

平成から令和へ・・・。

時代の変換期を2度も体験できるなんて

すごいことだなあ。感謝ですね。

さて、新しい時代。わたしはどう生きるかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は「あたりまえ」について

書いてみたくなりました。

あたりまえって言葉、よく使いますが

どんな意味が?言えるかたいますか?

辞書で調べますと

①そうあるべきこと。そうすべきこと。また、そのさま。

②普通のこと。ありふれていること。また、そのさま。


とありました。

この意味を踏まえて、実際自分がどんな

場面でこの「あたりまえ」を使っているか?

いたか?また、他の人から使われているか?

さらに、他の人がどんな時に使っているか?

振り返ってみました。すると・・・

・共働きなんだから夫も家事を手伝うのが

あたりまえ。

・上司なんだから、部下のことを考えるのが

あたりまえ。

・親友なんだから、私のことを心配してくれる

のがあたりまえ。

・子供なんだから、親の言う事をきくのが

あたりまえ。

・先生なんだから、生徒のことをまず考えるのが

あたりまえ。

書き出してみるとわかるのですが、多くの

あたりまえが、じつは自分以外の他人へ

向けられて使われていることが多いと

いうことがわかります。

※中には「長女なんだから自分がしっかり

するのがあたりまえ」と言い聞かせている場合も

つまり、他人に対し、

①そうあるべきこと。そうすべきこと。また、そのさま。

②普通のこと。ありふれていること。また、そのさま。

と思っている(ジャッジしている)

って訳ですね。

にんげんですから、他人をジャッジしたり

コントロ-ルしようとする<エゴ>は、

誰にでもあるもの。エゴそのものは悪くない。

ただ、それに執着しすぎて、さらに強制して

しまうと途端に重く苦しいものになります。

そもそも自分が他人に「あたりまえ!」と

言われたらどんな気持ちになりますか?

私は、とってもイヤな気もちになります。

それをするのがあたりまえ。

結婚したんだから家事をするのが当たり前。

主婦でありながら外で働くことも選んだ

のだから、両立するのがあたりまえ。

そんな風に夫から言われたら・・・

「はあ?!」

ですよね。ところが、自分は平気で夫に

そんな事を思っています。思っているから

言葉や態度にでます。それで過去、なんどか

ケンカにもなりました。わはは。

そんな経験を経て、今思う事。

あたりまえ。それは、自分に向けた方

が楽になれる。

自分への向け方としては、先に書いた

「長女なんだから・・・」といった

本当はやりたくないことを無理やり

言い聞かせるためではなく、本当にやりたい

ことをやっている自分に使った方が

いいですね。

自分が好きでやっているんだから

それを出来る環境に感謝するのは

「あたりまえ」

そんな感じであたりまえを使って行くと

どんどん矢印が自分へ向いていく。

自分から他人へあたりまえの矢印を向けると

コントロ-ル出来ない部分にイライラ

が続くし、マグレ的に自分が思う通りに

周りが動いてくれたとしても、やがてそれが

あたりまえになるから、次回同じようにして

もらえないとまたイライラしてしまう。

だから、頭の中で

「これぐらいあたりまえにやってくれるだろう」

と期待しても、それがその通りにならなかった

としたら、

「あの人には<あたりまえ>じゃなかったんだな」

とうけとめ、別の方法を探すとか。

夫婦関係や親子関係。親しい間柄になればなる

ほどこの、あたりまえって感覚が強くなります

よね。だから、うまく行かない。

あたりまえって感覚はできるだけ自分へ向けて

もし、まわりから当たり前→と思われても

自分がそうは思わないのであれば、無理に

そこへ自分を押し込める必要はない。

フォーカスする必要もない。

勝手に思わせておけばいいだけ、ですね。

<おしらせ>

秋山さんへの質問は4/30までです。

詳しくはこちらをご覧ください→お金からの解放宣言


Source: 習慣が私を変える!~まいにちの小さな積み重ね~

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事