[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

ども
ども
ギラです

まずは2本の動画をご覧下さい

この動画は、駅のホームで逃げるサラリーマン男性を
女子高生二人が追いかける状況を、ある男子高校生が撮影し
ネットに投稿した。
それを報じているニュースの動画です。

この動画の中で、投稿した男子高校生のインタビュー発言も
一緒に流されている。
また動画の中で、逃げる男に足を引っ掛けて転倒させた男に
ついても触れらている。

この動画を見て、あなたが違和感を感じるか?
それとも、何も感じないのか?

では 2本の動画をどうぞ
 ↓ ↓ ↓


如何でしたか?
この動画を見て 違和感を感じる人と 感じ無い人が
いるかもしれませんね。

ギラは、違和感 感じまくりです。

おかしいな・・と思う点が山ほど有るからです。

まず

この逃げる男性が、本当に痴漢をしていた輩なのか?
あるいは 冤罪被害から逃げようとしているのか?
この点が一番重要なポイントです。

本当に、女子高生に痴漢を繰り返していた輩なら
逮捕され、ネットにさらされ、社会的に抹殺されても
しかたないかもしれません。
その場合は ある意味 自業自得ってやつですから。

けれど、この動画が撮影された時点では
この逃げる男が、本当に痴漢して逃げているのか?
あるいは
痴漢の冤罪被害から逃げようとしているのか?は
真実は解りません。 ← これが重要なポイントです。

この男性を足を引っ掛けて転倒させたグレーの服のオジサンを
「良くやった」とか「グッジョブ」とか言っている人が居ますが
それって どうかと思います。

もしこの逃げる男が痴漢を日常的にしていた犯人なら
ある意味「グッジョブ」かもしれませんが、
もし冤罪被害から逃げようとしている場合なら
「暴行罪」や「傷害罪」になりますし、ましてや
これで、警察に捕まって、冤罪被害をこうむり人生を終らせる
事に加担した事になります。

あなたは 
映画「それでも僕はやってない」  を見ましたか?

痴漢の冤罪を掛けられた場合、それが事実と違っても
その冤罪をふっかけられた側の男は、ほぼ犯人とされて
冤罪である事を証明し、無罪を勝ち取る事はほぼ不可能であり
社会的にも人生を終らせられてしまうという現実があります。

例えば・・・
防衛医大教授痴漢冤罪事件なんてどう考えても
無罪にすべきところを2対3の僅差でやっとこ無罪。
それでも三年牢につながれてる。

受験や就職活動も必死で頑張って真面目に生きていたとしても
「この人痴漢です!」の一言で人生終わるから。

実際言われたら頭真っ白になると思う。
ましてや事実とは違い冤罪なら尚更。

この痴漢冤罪の実態を知っている人ならまず
「逃げる」のが正しい選択だという事を知っている。
下手に、やってないという自信があるからといって
そのまま警察で話をしようとすると、その時点で人生が終了する。

もしギラが、駅ホームで痴漢冤罪をふっかけられたとしたら
自分がどんなに、天地神明に誓いやって無いという自信があっても
絶対に、その現場から「逃げる」という選択をする。
何故なら、「冤罪である事を証明する事はほぼ不可能」という
現実を知っているからだ。

自分が無実であるなら、自分の人生や家族との生活を護る為にも
必死で逃げるという選択をすると思う。

実際に、痴漢冤罪吹っ掛ける女が居る事も事実であり
それを、個人の女がむしゃくしゃしてやる場合もあれば
ターゲットの人生を終了させる事を目的に複数の人間で
行う場合もあるからだ。

別にギラは、この動画で逃げている男を擁護するつもりは無い。
ただ、この動画にはおかしな点が沢山ある事を知って欲しい。

まず
被害にあった女子高生だが、1ヶ月も被害に合い続けたのに
何故、時間帯をずらすとか、女性専用車両を活用するとか
そういう対策をしなかったのだろうか?
なぜ、あえて1ヶ月も、痴漢に触らせ放題にさせてきたの?

次に、
この動画を撮影している男子高校生も かなり おかしい
いくら逃げる動画を撮影したところで「痴漢」の証拠にはならない!

さらには、正義感で・・・動画を撮影したとか言っているけど
動画を撮影し、ネットで晒す事が正義感でしょうか?

自己顕示欲と承認欲求と偽善者的な臭いがします。
冤罪かもしれない男性の人生を終らす覚悟があって
やっているとは思えない。

そして、たまたまその場に居合わせたとするなら
何故、一ヶ月間も痴漢被害に女子高生があっていた事。
最初は怖いだけだったけどその後怒りに変わって、捕まえようと
思った などという女子高生側の気持ちの推移まで知っている?
それは おかしくないか?
この男子高校生は、女子高生のグループじゃないのか?
たまたま現場に居合わせた他人ならそんな背景まで知らんだろ。
おかしいやろ。

この男子高校生は、ネットに動画を上げてアクセスを稼ぎ、
さらには動画をテレビ局に提供する事で
金を受け取っていると思われる。

こいつらもそうだし、報道するマスコミもそうだが
逃げる男性の「冤罪」の可能性に一切触れられていない。

もし真実は「冤罪」だったとしたら この男の人生を
誰が責任とるの?

結果的に、この男は、その後駅員に取り押さえられ
警察に連行され、容疑を認めている らしいが・・・・・

グレーの服のオジサンが足を引っ掛けて転倒させた時点では
この男が、痴漢を本当にやったのか冤罪なのか解ってない
その時点で、足を引っ掛けて転倒させている時点で本当はアウト。

実際に痴漢している現場を、グレーのオジサンが目撃しての上なら
話は別だが。

しかも このグレーのオジサンにも違和感が満載。
まず 画像を見て下さい
 ↓ ↓

メガネ+マスクで、ほぼ顔がわからんようにしてる。
それに加え、何故か大荷物を胸に抱きかかえる様にして立ってる。
まるで、自分の身元が判明しないように予めプロテクトし
胸に抱える荷物で体もプロテクトしている様にすら見える。

もし本当は冤罪だったらどうすんだよ
1人の男と家族の人生終わるんだよ。

捕まった男は、容疑を認めているというが・・・
痴漢被害で訴えられ捕まったら、痴漢の冤罪を証明するのは
ほぼほぼ不可能なので、認めるしかなかった可能性だってある。

痴漢冤罪は、やってなくても、捕まった時点で
ほぼ無理やり犯人にされる。
なので認めさせられた可能性もあると思う。

そもそも1ヶ月間も、同じ男に痴漢被害を受け続けたなら
友達と連携して、痴漢している現場を電車内で証拠動画を
撮影する事だって出来ただろうに。
最初は怖かっただけから、そのウチ、怒りに変わって
捕まえてやろうと思うようになったんだろ?

「逃げるな!」と叫べる奴が、1ヶ月間もただ我慢なんか
出来るわけがない。そう思いませんか?

本当に、この逃げてる男は、痴漢常習者だったのだろうか?
もし痴漢常習者なら、あんなに逃げにくい手荷物を沢山もった
状態で 痴漢行為に及ぶだろうか?

もしギラが痴漢行為を行うと仮定したら
最悪の事態を想定して、常にどう逃げるかを考えるし
そしたら、身軽な状態で犯行に及ぶだろうし
ましてや、ターゲットも常に変えるし、犯行を実行する
路線も、時間帯も 常に変えると思う。

そう考えると この男が常習的にやっていたとは
思い難いんだよね。

もし真実が冤罪だったとしてもマスコミは責任を取らない。

この「お手柄報道」みたいなマスコミの報じ方に違和感しか感じません。

誤解の無いように重ねて言いますが
痴漢は犯罪です。
絶対にダメです。

ギラはこの男を擁護している訳ではありません。
ただ、全体的に見て、違和感だらけなのです。

女子高生もおかしい
撮影した男子高校生もおかしい
足をひっかけたオジサンもおかしい
お手柄的に報道するマスコミもおかしい
冤罪の可能性に一切言及しないのもおかしい
痴漢した男の服装などもおかしい。

というわけで
またぬん
ギラ


Source: ギラの日本を護りたい!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事