[php file="php_in_wp"]
[php file="php_in_wp2"]

ども
ども
ギラです

この一本の動画

その本当の意味するところが解ると
日本の闇の深淵を見る事となります。

オバケ的な意味じゃありません。
グロテスク的な意味でもありません。

この動画は、交通事故を装い
「邪魔な奴を消す」という事に失敗した内容。

今回は たまたま失敗に終わりましたが
日常的に こういう事が行われているんだろうな
という事が伺えます。

明らかに、黄色の車が、白い車に乗っている人間を
交通事故に見せかけて殺す目的で衝突させてます。

これは明らかに計画的犯行です。
しかも 単独犯では不可能です。

さらに言うと、警察も一緒になってこの計画に加担してますね。

夜中の12時過ぎに、太い幹線道路を
時速50km程度の速度で走る車に
高速で減速せずに、そのまま交差点の出会い頭事故を装い
ピンポイントでぶつける事は
相当難しいですし、場数を踏んでないと無理。

更に協力者がおりターゲットの車が交差点に近づいたのを
目視で視認し携帯等で直前にタイミングを連絡しているはず。

運転していた加害者の女の表情や態度を見れば
嘘を言っているのは明らかであり、
被害者に対して謝罪したりする素振りも無く
人命救助する素振りも無い。
更に言えば、失敗し殺し損じてしまった事については
動揺は見えるものの、大変な事故を起こしてしまった事についての
動揺は見られない。

仮に気が動転しているとしても
言っている事のつじつまが合わな過ぎる。

絶対に、この加害者の女(実行犯)は同様の犯行は
初めてでは無いなと感じる。

そして、この加害者の女の身内の男(共犯者)が
何故か、すぐさま遅れて事故現場に登場し
事故現場を撮影している、被害者の夫に対して
謝罪するどころか、撮影してんじゃねーよ!と
殴りかかる勢いで恫喝してきている。

事故に見せかけて殺すという目的に失敗し
さらに、動画を撮影される事で、明らかに不自然な点を
証拠として撮られ残される事を嫌がっているようだ。

時速50kmで走る自動車に、ピンポイントで
狙い通りに自分が乗っている車を衝突させるのは
きっと至難の技だと思う。
幾ら連携してやったとしても、どうしても
タイミングが少しでもずれれば、遅れたり逆に早まったりする。

もし1秒でも早まってしまったら
逆に自分の車の右側のどてっ腹に、衝突される側になる。
だから、間違っても、早まってしまう事は避けたいはずだ。

そして1秒でも遅れたら、ターゲットの車にぶつけられず
車同士が、スレ違ってしまったりするだろう。

今回のケースは、ほんの、0.数秒タイミングが遅れる側に
ずれた事で、交差点の真ん中でぶつける事が出来ずに
ターゲットの車の進行方向側に、ズレる形で追い掛ける形で
衝突させたのだろう。

だからターゲットの車の左後方に、犯行の車の左前側が衝突し
ターゲットの車は、道路脇の川に落ちず、ガードレールに
挟まる形となった。

この犯行を実行する為に、加害者グループは、明らかに
念入りに下調べをしている事がうかがえる。

まず、ターゲットの生活パターン
ターゲットが日常的に通る道と時間帯。
そこから、犯行現場の交差点を決めたはず。
さらに、事前通過ポイントを知らせる為の見張りを
どこに配置するかを決めたはず。
そして何度もシミュレーションをしているはず。

そして、それらには、警察内部の人間も関わっている。
警察内部には、在チョン集団組織があるからね。

事故が起こった直後に、被害者の夫が事故現場を
動画で撮影する事を、警察関係者が明らかに嫌がり
執拗にブロックしている事からもそれが伺える。

つまり、ある連中にとって、不都合な情報発信している人を
警察組織も一緒になって、交通事故を装った殺人計画を
綿密に練り上げて実行したものの、失敗したという動画である。

しかもどうやら、それが日常的に行われているっぽい。

警察側の態度も、被害者サイドには、冷徹で
非情なのに対し、何故か、加害者サイドには、温かくぬるい。
おかしいでしょ。
まあ、一緒になって犯行を行った仲間だからだろうけど。

もしこれが 殺意のないたまたまの偶然の交通事故だと言うなら

・加害者の女が仕事に向かっていたというが
その仕事先はどこなのか?勤務体制や勤務時間は当日は
何時からなのか?日常からその仕事先に勤務している実態はあるのか?

・この事故が起こる直前に、見張り役の人間から携帯に
必ず連絡が行っているはずだから、その直前の着信履歴を
確認し、その発信してきた奴は誰なのか?
また加害者の運転手女性との関係性はどうなのか?

・加害者女性が乗っていた黄色の車は、今回の事故を起こす為に
用意された車ならば、その車の名義や、購入の時期などを調べれば
在る程度、通常使用していたのか判る。

・今回、交差点でノーブレーキで、減速せずにぶつけたなら
交差点に入る前から、一度も減速せずに交差点に進入して
きているはずなので、加害者側の車が、交差点にはいる直前までの
監視カメラの映像を遡ってたどれば、本当に流れの中で減速せずに
交差点に進入したのか、どこかで事前に待機しており
着信通話の直後に加速して侵入したのかが解るはず。

・加害者側の人間の、身元、国籍、所属する団体、思想
 犯罪歴などを見れば怪しいかどうか解る筈。

しかし これらの情報を、警察側は一切開示しないだろう。
何故なら、グルだから。

邪魔な人間は、交通事故に見せかけて殺す。
しかも警察内部の人間と一緒になって。

これが日本の闇である。

今回ターゲットにされた動画の主は、
YOUTUBEで、日本の闇を追求する形で動画を上げていた。
ギラも、この動画主の動画はこれまでに見た事が有った。

特に、興味深いのが、安倍晋三が日本の皇族と朝鮮の王室の
血統の由来であるという動画だった。

この動画の内容は、ギラも同じことを知っており、そのうち
記事に書こうと思っていた事だったから記憶に残っている。

ただ、ギラの場合は、匿名で顔出しせずに、情報発信している。
何故なら、日本の闇を暴いたり、皇室の闇について、
名前や顔を出して情報発信するのは、危険すぎるからだ。
ブログなどの唯一良い点は、危険な情報を発信する際の匿名性だ。

けど今回ターゲットにされた動画の主は、
在る程度、顔出しして身元をさらして情報を発信していたから
危なっかしいなとは感じていた。

そしたら、これですよ。

今回のこの動画は、そのうち
動画が消されて見れなくなるかもしれません。

けど、この動画は拡散して一人でも多くの人に
見て貰いたい、見て貰うべき動画だと思う。
本当なら、テレビやニュースでも取り上げられるべき
内要だと思う。
明らかに公権力が絡んだ計画的偽装殺人未遂事件だから。

この今の日本社会は、ありとあらゆる業界に
反日・在日・が上層部を占めており、闇を暴こうとすると
リアルに消される。

本当に、恐ろしい。

皆さんも、気をつけなはれや。

というわけで
またぬん
ギラ

Source: ギラの日本を護りたい!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事